陰部の臭い

陰部の臭いで人しれず悩んでいる女性は、意外と多いようです。

女性器からはおりものが出ますのでどうしてもジメジメしがちですし、また汗や尿の残滓の影響で細菌が繁殖し、蒸れて臭くなってしまうのです。

これは、多かれ少なかれ誰にでも起きる自然な現象ですが、もし強い臭いがどうしても気になる場合は、臭い対策が必要です。

 

まずお勧めしたいのは、こまめに入浴し、着替えをすることです。

陰部の臭いの原因となる細菌は、汗や分泌物を栄養として繁殖するので、それらをしっかり洗い落とせば臭いがあまり気にならないのではないでしょうか。

お風呂に入って清潔になると、細菌が繁殖しにくくなるので、一定時間は臭いがしないはずです。

ただし、忙しい日常生活の中で、そこまで頻繁に入浴したり、着替えるのは難しいかもしれません。

 

デオドラント効果のあるおりものシートをこまめに取り替えるだけでもだいぶ違いますし、下着にスプレーして消臭加工できる抗菌スプレーも発売されているので、こういったものを使って見ても良いでしょう。

 

あるいは、Vライン、Iラインの陰毛を永久脱毛するのも一つの方法です。

日本では永久脱毛は美容的ケアのイメージがありますが、欧米では防臭も含め、衛生的な意味で脱毛している人がとても多いのです。

実際永久脱毛した人によると、蒸れたり臭ったりしにくくなったとか。

気になる人は、是非試してみてはいかがでしょうか。